[3年A組]第1話のあらすじやネタバレ!最初の犠牲者は本当に死んだの?

菅田将暉さんの「ゾクゾクさせてやるよ!」にかなりはまってしまったはちべいです。

#ゾクゾクタイム が早くも流行語になりそうな予感ですね。

放送前からかなり話題になっていた「3年A組~今から皆さんは、人質です~」ですが、第1回の放送が終わり、視聴率は2桁発進の10.2%だったことがわかりました。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

菅田将暉さんの、先生役がめちゃくちゃ素晴らしく、冷静沈着なのに時に熱く狂気の中に情熱が込められていて、魅了されっぱなしでした。

くま

ホント人を惹きつける天才なんだとつくづく思いましたねー!

川栄李奈さんのちょっといるいる!こうゆう女子高生の演技もめちゃくちゃうまくて、ほんとに子憎たらしく思えたし、今田美桜さんのめちゃくちゃキレてる女子高生も納得の演技です。

永野芽衣さんに至っては、ちょっと暗い感じの女子高生だけどこだわりの強いオタクな一面がうまく演じられててさすがでしたね。

他にも若手の俳優がオーディションに勝ち抜きこの生徒役を演じている方々なので、それぞれの演技に注目してしまいます。

演技もさることながら、内容も気になるっことばかりで、1話が終わって一晩経ちますが、次の話が気になってしままい、何も手につかないそんな状況に陥りそうです。

なので、少しでも話が深くわかり次の回もより楽しめるように、第1話を徹底的に調査しました。

スポンサードリンク

 

[3年A組]第1話のあらすじやネタバレ、澪奈の自殺の原因は?一颯先生の詳しい経歴も入手!最初の犠牲者は誰で、本当に死んでしまったのか調査しました。

第1話のあらすじ(ネタバレ注意!)

雑魚キャラと思った先生がいきなり・・・

卒業式10日前。

3年A組の担任、柊一颯先生(菅田将暉)が大事な話があるといってクラス生徒を全員を教室に集めた。

「今から皆さんには、人質になってもらいます。」といきなり告げた。

しかし、誰も真に受けるものはなく教室から出ようとするけど教室のカギは特殊なカギがかかっていて開かない。

カギを開けろと、クラスの悪い生徒たちが殴りかかってきたものの、素早い身のこなしでかわす一颯先生。

「こう見えても、昔アクション俳優を目指していたんだ!」という先生に生徒一同驚きを隠せないでいた。

クラス1の悪、甲斐隼人を床に投げ倒し、顔の横にナイフを突きつけ、さらに学校内に仕掛けた爆弾を爆破させ生徒を黙らせた。

3年A組と美術室、トイレ以外の退路を断ち立てこもって29人を人質にした。

そして、携帯とカバンを回収。

生徒になぜ人質にされたかを考えさせ、その答えを導きだそうとするも、誰も答えようとしない。

その時、茅野さくら(永野芽衣)が「影山澪奈が自殺したからですか?」と尋ねる。

先生はその答えを待っていたかのように、

「影山澪奈がなぜ自殺することになったのか、その答えを導き出せれなければ誰かひとり死んでもらう」とつげ、学級委員の茅野さくらに、よる8:00までに答えるように言い美術室に戻った。

さくらが先生を追いかけ「どうして私が答えなきゃいけないんですか?」と尋ねるも、「茅野は澪奈と

友達だったよなぁ」と言い「わたしは友達なんかじゃない。亡くなる前に手紙をもらっただけ」というが美術室の奥に引きこもってしまう。

生徒たちは窓を開けて逃げようとしたり、叫んで助けを呼ぼうとしても阻止され、監視カメラで監視もしされている。

柊先生は警察に電話し「教師が生徒を人質に取り立てこもっている」と自ら通報し警察を呼ぶ。

そして、生徒たちに課題をやらせているのでおとなしくしていなければと言い、倉庫を爆発し脅しをかける。

生徒たちはいよいよ追い詰められ、「どうして影山澪奈が自殺したのか?」という問いかけに向き合わなくてはいけない状況になってしまった。

茅野さくらと影山澪奈の回想シーン

影山澪奈が全国水泳大会で優勝して表彰されているのを盗撮。

部活でプールを泳いで記録更新しているところを盗撮。

そんな盗撮写真を広げたまま教室で居眠りしていると、澪奈に写真を撮っていることを見つかってしまう。

「良く撮れてるね!でも、なんで私?」と尋ねる澪奈に

「澪奈様の究極の曲線美がエロを醸し出していて・・・エロがエモに変わる瞬間というか・・・」とものすごい早口で澪奈のすばらしさを語るさくら。

そんなさくらを面白いと笑い友達になろうとメアドを交換することに。

それからというものいつも一緒に買い物や、下校したりと仲良くしているところを宇佐美香帆(川栄李奈)がすごい怖い顔で睨みつける。(このシーンかなり意味深です)

それから、澪奈が水泳大会で優勝した後、急に澪奈が

「さくらの目には私ってどんな風に映ってる?」といきなり問いかけてきた。

さくらは「澪奈は天上天下唯一無二の存在で最強だと」答える。

教室のシーンに戻り澪奈のドーピング疑惑の話になる

教室の生徒たちは、澪奈が水泳で全国大会優勝できたのはドーピングをしていたからだと話し始める。

これは、ネットで話題となりそれが原因で自殺したんだとみんなが口をそろえて言い始めた。

さくらはそんな雰囲気に耐えられなくなりトイレに駆け込んだ。

そして、澪奈からの手紙を開き涙でにじんだ文字を見た。

外ではテレビ局や人質生徒の親、警視庁のお偉いさんまで集まってきた。

そして、特殊部隊が学校に侵入したことに、警告できづく柊先生。

「さ、盛り上がっていこうか」と不敵に笑う。

 

スポンサードリンク

 

武智先生が独占インタビューに答える中教室では・・・

そんな外の状況を生徒たちが眺めていると柊先生が教室にやってきて回答を求めてきた。

生徒たちは、澪奈がドーピングしたことがバレたことが原因だという答えをさくらに言うように求めた。

さくらもみんなが怖くてその通りに答えた。

しかし柊先生は「それが茅野の答えなのか?」と怖い顔で問い正す。

櫻は先生を恐る恐る見ると「それでいいんだな?」と怒りを抑えながら聞き直す先生。

それに対して学校1の悪甲斐隼人が机を蹴りながら「それでいいって言ってるじゃねーかよ」というも

先生が怒りをあらわにして「茅野に聞いてるんだよ!!」と怒鳴る声で黙る甲斐。

「お前が影山の何を見てきて何を見ていなかったのか、よく考えるんだ」と

さくらは3年A組で澪奈がいじめられていたことを話し出した。

机にいたずら書きされ、ネットでもドーピングしたと拡散された。空気のように無視されかわいそうだったと。

澪奈からの手紙

『私とさくらは違う。

プロレスネタとか全然わからないし、

ずっと合わないと思ってた。

だからもう二度と話しかけないで。

さくらとは友達になれない。澪奈』

やっぱり自分と澪奈じゃ釣り合わないと思い避けるようになっってしまったさくら。

そして、じぶんも避けて耐えられなくなって自殺したというさくらに他の生徒たちは澪奈の悪口を言いまくる。

「男関係が派手だった」とか「スポンサーにお金をたくさんもらってた」とか。

反論するさくらにあんたは奴隷だから黙ってろと唯月(今田美桜)がののしる。

死んでもなお罵倒される澪奈にさくらはついにブチ切れ、「ふざけんじゃねー!」と甲斐に膝蹴りをくらわす。

そして、澪奈が自殺したのはみんなが怖くて澪奈を無視した自分の責任だという。

しかし、柊先生はさくらの回答は不正解だったから誰かを殺すという。答えは卒業までの10日間でみんなで考えるんだと。

生徒たちに襲い掛かられ教室の隅を爆破する。

生徒たちは、先生の本気で殺そうという態度に怖くなり、さくらが間違えたんだからさくらが犠牲になればいいという。そして、クラス全体でそんな雰囲気になったことに先生は怒りと悲しみを抑えきれなくなり大粒の涙を流しながら「変わってくれ」という。

警察が突入してきたが、柊先生のセンサーに引っ掛かりバレてしまう。

そして、目の前にいた生徒を最初の犠牲者に指名した。

最初の犠牲者は中尾蓮(三船海斗)

中尾は柊先生に捕まり蹴られて気を失った。

そんな中尾にまたがり他の生徒に背を向け

教室の隅でみんなが見ている中、甲斐が持っていたナイフで胸を一突きに刺した。

泣きわめきながら中尾を揺さぶる恋人だった水越涼音(福原遥)をわき目に、先生はノートパソコンをさくらに美術室に運ぶように告げ、中尾の足を持ち引きずりながら教室を出た。

警察にこの一部始終を聞かせ、おとなしくしていなければとけん制する。

美術室に行ったさくらは澪奈が描かれた絵が切り裂かれていた下に、笑顔の澪奈の絵を発見する。

放送で、SNS「MIND VOICE」で一人100円寄付するように要請する。

柊先生の着画に元咲宮高校教師 相良文香(土村芳)が映っていた。

そして、ベッドに座る文香に文香の父(矢島健一)が「ただいま、今ごはん作るから」と告げる。

第1話のダイジェスト

柊一颯先生の詳しい経歴発覚!

名前:柊 一颯(ひいらぎ いぶき)

生年月日:平成3年12月21日生(27歳)

住所:〒190-8689 東京都瀬ヶ山松海超9-4-7 レジデンス柿谷202

学歴:東京都立瀬ヶ山高等学校 入学平成21年4月8日 卒業平成23年3月15日

   修泉大学美術学部藝術教育学科 入学平成23年4月9日 卒業平成26年3月18日

専門:美術

二年前、咲宮高校から転任。穏やかな性格で評判も良く、去年10月から3年A組の担任を受け持つ。半年前までA組の担任だった「こくぼゆうこ先生」が影山澪奈の自殺により休養。

アクション俳優を目指していたこともあったそうです。

最初の犠牲者中尾蓮(三船海斗)はほんとに死んだ?

柊先生の目的は、第一話を見ていたら復讐やサイコパスで殺人をしたいだけではなさそうな気がします。

生徒たちに一生懸命クラスメイトの自殺の真相を考えさせ、幼稚で簡単に人を傷つけることに何も感じない生徒たちに、変わってほしいという思いで人質を取り立てこもっているように思えるのははちべいだけでしょうか?

冒頭で、アクション俳優を目指していたというでけあって身のこなしは抜群!

ナイフを胸に刺したのに返り血も浴びていないし、何かしらのトリックを使ってナイフを刺したように見せているのではと思います。

そうであってほしいと願いもありますけど・・・。

 

まとめ

第一話が終わり、色々と謎のまま第二話が待ち遠しいです。

第2話の予告です ↓

「3年A組」のドラマかなり中毒性高くて、もう気になってしまって四六時中#3Aのこと考えてしまっています。

こんなハマったドラマなかなかありません。

次の日曜日が待ち遠しいです。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA