[3年A組]第4話あらすじやネタバレ!本当の黒幕が誰で先生の目的は何?

どんどんと謎が解けていき、新たな謎が現れてますますハマっていきます。

こんなにハマったドラマはここ最近では『砂の塔』以来です。

あのドラマ、菅野美穂さん主演で松嶋菜々子さんが怖い隣人役で結局犯人は岩ちゃんだったという。

まさかの展開でかなり上手いこと視聴者を裏切ってくれた、最高に面白いドラマでした。

犯人を推理するドラマはハラハラドキドキで、かなりハマります。

今回の3年A組もアップテンポで話が進み、視聴者の推理を凌駕する構成でめちゃくちゃハマってます!

第4話は、甲斐隼人(片寄涼太)がカギになりそうですね。

絶対見逃せない界です。しかも、予告で柊先生が目的も話すようなことを言っています。

くま

めちゃめちゃ気になりますね~

第4話のあらすじやネタバレをおさらいするとともに、新たな疑問を徹底的に調査してみました。

3年A組の朝ダンス(体操)の踊りの意味や曲は?振付師やフル動画を調査
[3年A組]影山零奈が亡くなった原因や犯人を予想!生徒のダンス動画も!
[3年A組]第1話のあらすじやネタバレ!最初の犠牲者は本当に死んだの?
[ドラマ3年A組]亡くなった生徒は誰?人質キャストやネタバレや原作も!

スポンサードリンク

[3年A組]第4話のあらすじやネタバレは?内通者が誰で動画を里見海斗に撮らせて加工した黒幕は?

第4話のあらすじ

まずは、第4話のあらすじです。

澪奈(上白石萌歌)の死の鍵を握る疑惑のフェイク動画撮影者は、里見(鈴木仁)だった。しかし、その動画の撮影を指示した人間は別にいる……。一颯(菅田将暉)は、その正体が誰なのかと生徒たちに尋ねる。勿論、誰も名乗り出るはずもない……と思った矢先、挙がる一人の手。その手の主は甲斐(片寄涼太)だった――。甲斐が罪を認める中、一颯は甲斐の後ろに更なる黒幕がいるはずだと追求する。だがそれを認めない甲斐。すると一颯は甲斐が真実を明らかにしなければ次は10人の生徒が犠牲になると告げる。戦慄する3年A組。 甲斐から情報を引きだそうとする生徒たち。だが、口をつぐむ甲斐にさくら(永野芽郁)は自らを奮い立たせ、甲斐に言葉を投げかける。しかしそれでも何かを語ることはなく、一人教室を出て行く甲斐。だが、そのさくらの勇気に心を動かす生徒が現れる。次第に、動き出す教室内の空気。そして、夜8時が近付く。いら立った男子生徒が甲斐に迫り、3年A組は一触即発状態に。甲斐は一颯に「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを解放しろ」と、闘いを挑む。 一颯が3年A組に放つ、魂の授業とは――。

「3年A組今から皆さんは、人質です。」の公式ページより引用

スポンサードリンク

6人の犠牲者は生きていた!*ここからはネタバレ!

第4話の冒頭で、6人の犠牲者「中尾蓮(三船海斗)」「里見海人(鈴木仁)」「西崎颯真(今井悠貴)」「瀬尾雄大(望月歩)」「堀部瑠奈(森七菜)」「結城美咲(箭内夢菜)」を殺害したと見せかけたトリックがいきなり明かされました。

やっぱり中尾は血のりを胸に入れナイフで刺したと見せかけたんですね。

さすが柊先生!アクション俳優を目指していただけあってお見事です。

他の5人も、美術室にある隠し階段から理科室へ移動させ、あらかじめ用意していた手や足のバラバラの偽物をおいて爆破させリアリティを出し5人が亡くなったと信じ込ませるという巧妙な手口でした。

しかし、夜中に声がしたと、茅野さくら(永野芽衣)が気づいたことがきっかけであっさりばれてしましましたね~。

甲斐が動画を撮らせたと手を挙げた!

フェイク動画を里見海人に撮らせ加工したのは誰なのかという事が今回の課題でしたね。

柊先生が、「我こそはと思う人手を挙げて~!」と聞いたところ、

甲斐はあっさり手を挙げましたね。

甲斐隼人(片寄涼太)が動画を撮らせて加工したといった理由は何故だったのでしょうか?

柊先生は甲斐がほんとの黒幕ではないと見破っていました。

それは、動画の加工は本格的で、素人の甲斐にはできないと。

夜の8時までに黒幕の正体を明かさなければ10人の生徒が犠牲になると伝えました。

そんな極限状態なのでクラスの雰囲気は最悪でみんなイライラして八つ当たり。

ホントの黒幕の真相

体育館にいる先生たちが事件について話していると、甲斐の兄弟がやってきて誰が「お母さんの面倒を見てくれるの?」と尋ねてきました。

どうやら、これも柊先生の計らいのようでした。

甲斐の母は交通事故で脊髄損傷してしまい寝たきりになり、甲斐は母や兄弟の為に自分を犠牲にしダンスで世界一になるとゆう夢をあきらめてしまった。

くま

ただの不良だと思っていた甲斐にそんな一面があるなんて・・・

甲斐がダンスをやっていた仲間の先輩に、影山澪奈のファンで会わせてほしいと頼まれお金を20万あげるからという条件に目がくらみその先輩に澪奈を会わせることに。

この事がかなり影山の死と関係がありそうですね。

課題に失敗した郡司が別件に

そんな中、郡司刑事が無許可で営業しているガールズバーを経営していた男を取り調べていた。

そいつの名前は「喜志正臣(英信)」。ベルムズの事を聞いても知らないと。

そこへ柊先生の元カノ相良文香が携帯を返してほしいとやってきて、「一颯が立てこもっているのはわたしのせいかもしれない」と言いに来ました。しかし途中で父親に連れ戻されてしまいます。

帰り際、郡司の部下が「喜志はベルムズとは関係なさそうですね」というと文香と父親は異常な反応を示していました。

影山のファンという怪しい先輩

甲斐が起こした警察沙汰になった事件に、影山もいたというビデオ動画を先生は観ていました。

そのベルムズというのは半グレ集団で、この澪奈が亡くなった事件にも、相良文香が学校を辞めた事件にも何かかかわりがありそうな可能性が高まってきました。

甲斐が傷害事件を起こした時の澪奈のファンで会いたいと言っていた先輩というのは「ベルムスのK」という人物でした。

夜の8時になり、柊先生と甲斐の黒幕を明かす戦いが始まりました。

「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを開放しろ」と甲斐が柊先生に戦いを挑みました。

戦っている最中柊先生は甲斐が黒幕だと言った真実を暴きます。

甲斐の母親が交通事故で寝たきりになってしまったのでダンスを辞めてバイトを掛け持ちして家計を支えていた事。

甲斐が起こした傷害事件は、実は澪奈をベルムズのKに一度は売ったけど怖くなり、結果助けたことになったという事。

その傷害事件のことがあり、「影山澪奈が二度と泳げなくなるようにしてほしい」と言われ、直接手を下すことは気が引けるので、フェイク動画で他人がSNSでアップするのはまだ自分の手を汚さなくていいと思ったから動画を撮らせたという事。

全てはお金の為という事。

先生に全てを暴かれ澪奈を妬んでいたことを指摘され激高する甲斐ですが、あえなく返り討ちにされました。

先生は黒幕がベルムスという半グレ集団でそのリーダーを甲斐が知っているとにらみ、正体を明かすように告げましたが、甲斐はばらしたら家族に危険が及ぶと脅されており、口を開きません。

しかし、さくらが先生と甲斐が戦っている隙をついて、美術室に行き中尾たちが生存していることを確認し、先生誰も殺していないし信じいいと思うと告げました。

甲斐は「エルムズのリーダーは喜志正臣って男だ。アジトはガースズバーの奥にある」と話しました。

そして、柊先生は郡司に電話をし、郡司はアジトを暴き喜志をアジトで拘束した。

報告を受けた柊先生は「警察が貴志を拘束した。お前もお前の家族も心配ないと」甲斐に告げました。

さらに、母親は佐久間先生(バッファロー五郎A)の実家の介護施設で面倒を見てくれることになったことを話しました。

くま

甲斐の背景にこんな苦労があったなんて思いもよらなかったよ~

唯月とベルムスの喜志との関係。

ベルムスのK(喜志正臣)が捕まったと聞いて一人青ざめる生徒がいました。

それは、諏訪唯月(今田美桜)でした。

貴志と同じネックレスを手に持っていた唯月ですが、喜志とどんな関係があるのでしょうか?

表情や「まさおみが・・・」と名前で呼んでいるところから、恋人かな?と思われましたがどうなんでしょうか?

唯月のプロフィールは「青春を謳歌するスーパー読者モデル!クラスメイトの憧れの的!」でしたが、読者モデルをしながらガールズバーで働いていたという事も考えられます。

第5話の予告では運命を握ってると出ていました。

本人が知らないところで事件にかかわってしまっていたそんな気がします。

内通者はこの人だ!!

内通者はかなりの確率で逢沢博己(萩原利久)だと思われます。

まず、トイレにこもって携帯を打つ姿や服装が逢沢が一番近いです。

先生が倒れる前に「全てを打ち明けよう」と告げたとき、みんなが集まってきているのに逢沢は遠くで眺めていました。

それに、第4話でクラスで内通者の話になったとき、石倉光多(佐久本宝)が「裏切者はだれかな~」と言ってるとき、明らかに逢沢の背中をおもむろに映して、犯人をにおわせる演出をしています。

そして、決定的なのが、第5話の予告の場面で、内通者判明という場面でみんなが内通者に振り返っていて、映っていないのが理科室に隠れている6人と、茅野、熊沢、河合、魚住、石倉、金沢、柳本、逢沢の8人。

この8人をっ消去法で消していくと残るのが逢沢です。

所々で怪しい動きをしている逢沢はかなり怪しいです。

逢沢は美術部でもあるし、柊先生が担任になる前からつながりがありますし、一番怪しいところです。

先生は病気?

先生は、1話から薬を飲んでいて、4話では脂汗が出るほど体調が悪そうです。

時折苦しそうな表情を見せ、警視庁の五十嵐も体調を心配していました。

4話の最後には倒れてしまいましたね。

先生は、いったい何の病気に侵されているのか心配です。

第四話の予告

まずは、予告を観てみましょう。

柊先生が倒れて生徒たちは美術室に抜け道を見つけましたね~!!

そして、何を知っている人が内通者なんでしょうか?

やはり一番怪しいのは逢沢ですね。

パソコンを見て何を発見し何かを見つけ驚いていますね!

いったい何を発見したのでしょうか?(まさか、澪奈と誰か血のつながりがあるとか?)

郡司が喜志に「誰に頼まれたんだ?」と言ってましたが、黒幕のはずの喜志も誰かに頼まれ澪奈を襲ったのか?

なぜ、瀬尾雄大(望月歩)は「俺は抜ける」と言っており、みんなに取り押さえられていたのか?

柊先生が唯月に対して「絶対に間違っていない」と言った真意はどういうことか?

予告だけでも気になりだしたらきりがないです。

第4話までで気になっていること。

これまで、第4話まで放送されましたが、気になる点が多々ありました。

1、澪奈が生きているとき須永の姿が映っていない。(3話から引き続き)

2、第1話から飲んでいると思われる先生の薬は何の薬?(体調がかなり悪化している)

3、「迫る教師の限られた時間」と出ていたが、先生は余命がわずか?(4話の終わりに倒れてしまった)

4、澪奈の自殺があまりにも謎が多すぎて、実は殺されたのではと予測せずにはいられない。(謎は深まるばかり)

5、先生の恋人に暴力振るったようには思えず、実は生徒にハメられたのでは?(ベルムスが関係してそう)

6、マインドボイスで柊先生が拡散を狙っていてお金は何に使うのか?(金額は3000万ほど集まっている)

7、3Aダンスの体操は生徒にダンスが得意な生徒が多いため制作側が流行らせるための狙いだったのか?(めちゃくちゃ話題です)

8、特撮のシーンは菅田将暉さんが仮面ライダーだったからそのつながりで色々トリックにも使える伏線なのか?

9、警視庁の五十嵐はなぜ柊先生と組んでいて何をやろうとしているのか?(ベルムスの件がかなり絡んでいるのか)

10、そもそも、柊先生の真の目的は何?(教える前に倒れちゃった)

11、甲斐の以前起こした暴力事件はなにか澪奈の死になにか関係があったのでは?(生活苦の甲斐がお金に目がくらんでやったことでしたね)

12、浅見沙耶が常に一人ぼっちで下を向いて座っているのは何かやましいことがあるのか?

13、あまり出てきていない生徒は今後何かかかわっていることがあるのか?

14、諏訪唯月はベルムスのリーダーK(喜志正臣)とどんな関係?

15、澪奈の死にかかわっていそうな生徒がまだいそう。

など、気になることだらけです。

これから先も一つ解決するごとに、また疑問が浮上しドンドンハマってしまうこと間違いなしです。

まとめ

第4話が終わり甲斐の意外な一面が見れましたね。

まさか、甲斐が澪奈に嫉妬していたとは思っても見なかったです。

ベルムスという半グレ集団も出てきて、事件がどんどん暴かれてくると、
澪奈の死は何かとてつもなく大きなことがかかわってきていそうな気がします。

毎回謎が謎を呼びどんどんはまっていくドラマ「3年A組」第5話も絶対に見逃せません!!

3年A組の生徒でいったい誰が事件にかかわっているのか気になるところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA