ラクマで出品してから初めてのお客さん。購入から発送までの流れ。

フリマアプリのラクマにハンドメイド作品を出品してから1ヶ月とちょっと。 長かったです(涙) やっと初めて商品が売れました!

ラクマで出品して売れてから発送までの流れ

ここまで辿り着くのに色々と試行錯誤いたしました。

はじめはminneに出品していたのですが全く売れず。 このままでは、ハンドメイド作家としてやっていくのも危うい状況でいつ家族に強制終了させられるかわからない正に崖っぷち状態。 そんな状況から脱却しようと、出品先を増やすことに決めました。 ハンドメイドアプリといえばminne、Creema、BASEの三大アプリが有名ですね。 minneで撃沈している私にとってはハンドメイドアプリは敷居が高いのでは?と考え、フリマアプリでもハンドメイドの作品を出品している方がいらっしゃいますし、どちらかというと私にあっているような気がしましたのでフリマアプリで出品することに決めました。 フリマアプリというとメルカリが有名ですね。 でも、最近CMでよくやっているラクマが気になっていたのと、名前も「ラクマ」でクマ好きの私にとってはかなりツボでした。 もうこれしかないと運命を感じずにはいられませんでした。 ラクマを調べてみると販売手数料が3.5%ととってもお得なうえに楽天スーパーポイントでお買い物もできポイントを使えば支払手数料もかからないのでとってもお手軽にお買い物ができるところも魅力でした。 そんなかんじでラクマに出品することに決めました。

ラクマに出品してからの反応

ラクマに出品してから、やはりminneと同じ様にいいねは付くのですが、出品した時に少し付くだけで継続せず、あまりminneの時と状況はかわりませんでした。 そこで、出品するといいねが付くのであれば、わずかながらでも見てくれている人がいるんだなーっていうことに気づき、一度の出品数を増やすことにいたしました。 一回の出品に10作品程下書きでためておき、それを夜の21時頃一気に解放。(21時〜22時くらいがアプリを見ている人が多く、この時間帯をねらって商品をアップすると見てもらえる確率があがるそうです!) この作戦は結構効き目がありましたねー。 出品してすぐに『いいねがつきました』メールが次々にきてニヤニヤが止まりませんでした。 しかし、購入までは至らず(涙)

その瞬間はある日突然にやってくる

それから一週間くらい経ったある日の夜、『いいねがつきました』メールが来たと思ったら初めてコメントしてくれた人が現れました。 内容は、『少しお値下げできませんか?』というようなかんじでした。 はじめの値段設定からだいぶ値下げしてカツカツで出品していたので悩みましたが、どうしてもネットで売れたい気持ちが強かったので、二つ返事でオッケーしました。 お客様はまだ購入したいというはっきりしたコメントでなかったのに興奮して先走り、お客様専用のページまで作り値下げした金額で出してしまい、よくよくコメント見てみると購入したいとはっきり書いていない事に気づき慌てて元に戻しました。 『お客様、引いちゃったかなぁー』なんて落ち込んでたら、メチャクチャいい人で、『購入させてください』とコメントくださったので、ほんと拾う神ありと崇め奉りたい気持ちでいっぱいでした。

ネット販売は売れてからが本当の勝負だと思う今日この頃。

いつもの私なら安くしちゃったからこの値段のレベルの梱包でいいやと手を抜いてしまいがちな場面でした。 今の私には、安かろうが高かろうが自分の作品を買ってくれるお客様がいること自体ありがたく思えました。梱包はオリジナルで作り、オマケのシールをパソコンで作り、手書きのメッセージもつけ、名刺も付け、郵便局のオープン時間に走って発送しに行きました。 今までは、子育てして大変だからとか趣味でハンドメイドやっててそんなに売れる事にガツガツしていなかったので、あまりお客様の気持ちを考えず自己満の世界でハンドメイドやっていたところが大きかったと思います。 ただただ、反省です。 こういう大変な作業はあまり積極的にやってこなかった私ですが、今は絶対に売れっ子になると心に誓い気持ちを入れ替えてやっているので、一切手を抜かず、忙しいを言い訳にせず、誠心誠意尽くして販売していく気持ちが大事なんだと痛感しています。 あとは、全力でお届けまでしたので、届いてからお客様がどんな反応してくださるのかとワクワク、ドキドキしながら待っています。 商品が届いてからのお客さんの反応がどうだったかは受け取り確認ができ次第書きますねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA