[ラグビーW杯]台風19号で中止になったらどうなる?チケット払い戻しも!

2019 年10月12日、13日に今年一番の勢力の超大型台風が日本列島に直撃するというニュースが連日のように飛び交っています。

千葉県を襲った前回の大型台風よりも大きいという事でかなり警戒ムードが漂っています。

そんな中、いま日本ではラグビーワールドカップ2019で大盛り上がりを見せています。

しかし、ちょうど日本戦が行われる13日は直撃するといわれているんです。

これはうかうかしていられません。

大型台風の19号の影響はラグビーワールドカップにどのような影響をもたらすのでしょうか?

気になっていてもたってもいられないので徹底的に調査してみました。

スポンサードリンク

 

[ラグビーW杯]台風19号で中止になったらどうなる?チケット払い戻し方法も調査!

台風19号でラグビーW杯2019が中止になったらどうなる?

ワールドカップの1次リーグ(予選)は過密スケジュールで日程が詰まっているので延期は難しいのではと思われます。

試合を行う場所に台風が直撃して、できないと判断されれば中止になるでしょう。

今現在はまだ中止なのか、会場を変更するのか決定されておらず公式に発表はされていません。

今回で9回目のラグビーワールドカップの開催で過去に中止になった例はなく、できることなら試合を中止することは避けたいところなのでなかなかどうなるか決定がされないそうです。

試合の会場を代替えする場合は試合の2日前までに決定されるので、10日には発表があると思います。

もし試合が中止になる場合は、試合開始の6時間前までに最終的な判断がされるそうです。

また、公式に発表され次第追記していきます。

もしも、ラグビーワールドカップ2019の試合が中止となった場合は両チーム引き分け扱いになります。

引き分けになった場合は両チームに勝ち点2が与えられます。

日本は現在全試合で勝っているので引き分けになった時点で勝ち点2が与えられるので決勝トーナメント進出が決まります。

くま

しかし、試合をやらずに結果が決まってしまうのは不完全燃焼ですね~

 

スポンサードリンク

 

チケットの払い戻しはできるの?

試合が中止で行われなかった場合はチケットの払い戻しはされます。

RWC2019 の公式ページのチケット規約に払い戻しについての詳細が記載されていました。

6.払戻し等

  • (1) JR2019は、チケットが発行された試合が、当該チケット上に記載の日付、時間及び会場で開催されることを保証するものではありません。JR2019は、不可抗力、安全及びセキュリティ上の問題、権限者又は所轄官庁による決定(以上を含むが、これらに限定されない)などによる不測の事態やその他の事情が発生した場合、試合の開始時間、日付、試合時間及び会場又はチケットによって管理されるその他の詳細について、変更することのできる権利を留保します。JR2019、RWCL、公式チケット代理店及び指定代理人は、かかる事由による変更が発生した場合、チケット所持者又はその他の者に対し、この変更によって被った費用や諸経費について何らの責任を負うものでもありません。但し、本規約6の(4)項、(5)項、(6)項及び(7)項に該当する場合は、この限りではありません。
  • (2) 試合の延期、変更又は取消しが確定した場合、JR2019は、直ちに、公表可能な情報をウェブサイト(https://tickets.rugbyworldcup.com)上に公表します。また、チケット所持者は、試合の延期、変更又は取消しの有無並びに新たな日付、試合時間及び会場の確認を、自らの責任においてしなければなりません。
  • (3) 以下の場合、チケットの交換又は払戻しはできません。
    • a) 理由の如何にかかわらず、キックオフ後に試合が中断された場合
    • b) 理由の如何にかかわらず、キックオフが当初の予定時間よりも遅れた場合
    • c) 試合の実施日に変更はなく、キックオフの時間のみが変更になった場合
  • (4)JR2019は、以下に該当する場合に限り、(チケット購入者から払戻しの申請があった場合に)チケット購入者に対し、当該チケットの券面額を払い戻します。
    • a) キックオフ前に試合が延期され、その後、別途当該試合に関する日程が設定されない場合
    • b) キックオフ前に試合が延期され、その後(会場変更の有無にかかわらず)、試合が他の日に変更された場合
    • c) 本大会が中止により試合が開催されなかった場合
    • d) チケット所持者が日本の法律上払戻しを受ける権利を有する場合
  • (5)キックオフ前に試合が延期され、その後(会場変更の有無にかかわらず)、試合が他の日に変更された場合、チケット所持者は: a) (試合が他の日に変更となった場合で会場に変更はない場合)所持しているチケットを使い、変更後の試合を観戦するか、又は本規約6の(4)b)項に定められた返金規定の適用を受けることができます。 b) (試合の会場が変更された場合)JR2019により、変更後の会場における同等又は下位のカテゴリーのチケットに交換するか(但し、対応の可否はチケットの在庫状況によるものとします)、又は本規約6の(4)b)項に定められた払戻しの適用を受けることができます。
  • (6) チケット購入者が払戻しを受ける際、その払戻しの対象となるのは券面額のみであり、他に支払った料金や費用(手数料、郵便料金、配送料など)まで払い戻されるわけではありません。但し、日本の法律上補償が強制される場合を除きます。払戻金に対する利息や費用については一切支払われないものとします。
  • (7) 本規約6の(4)項が適用される場合、当初のチケット購入者のみが払戻しを受けることができます。JR2019が本規約6の(4)a)項、同b)項又は同c)項に従って払戻しの手続を開始した場合、試合の取消し若しくは変更又は大会の中止が決定された日から10営業日以内に、メディアを通じて又は直接の連絡手段により、払戻しの手続及び返金予定日を、チケット購入者に対してお知らせします。チケット購入者は、事前に連絡された手続及び返金日に従い、払戻しの対象となる資格を得るためにチケットの原本を提示する等、JR2019所定の手続をしなければなりません。JR2019は、いかなるチケットであろうと、合理的根拠をもってそれが本規約2の(2)項、(3)項又は(4)項に違反して販売、譲渡又は処分されたものであると判断した場合は、払戻しに応じないものとします。

引用:ラグビーワールドカップ2019チケット規約より

結構難しい言葉で書いてあるので理解するのに時間がかかりました(汗)

かみ砕いて簡単に説明しますと、

キックオフ(試合開始)前に台風で中止になった場合はチケットの払い戻しができるという事です。

キックオフ後の試合中止は払い戻しはできないそうです。

延期や会場の変更で、延期になった試合や別の会場での試合が観に行けれない場合も払い戻しできるそうです。

RWC2019公式が変更や延期・中止になった場合はこちら(https://tickets.rugbyworldcup.com/)のページですぐに発表があるそうです。

台風の影響を受けると思われる試合はどの試合?

台風19号の影響が考えられる試合は

【10月12日(土)開催の試合】

  • 13:45~ニュージーランドVSイタリア 豊田スタジアム
  • 17:15~イングランドVSフランス 横浜国際総合競技場
  • 19:45~アイルランドVSサモア 東平尾公園博多の森競技場

 

【10月13日(日)の試合日程】

  • 12:15~ナミビアVSカナダ 釜石鵜住居復興スタジアム
  • 14:45~アメリカVSトンガ 東大阪市花園ラグビー場
  • 17:15~ウェールズVSウルグアイ 熊本県民総合運動公園陸上競技場
  • 19:45~日本VSスコットランド 横浜国際総合競技場

特に影響がある試合は  で色をかえています。

日本×スコットランドの試合はできる?

日本対スコットランドの試合は、気象予報によると台風19号は13日の夜には関東を抜けているとのことなので、雨はやんでいると思われます。

しかし、大型台風の爪痕はどんなふうに残していくのかが心配なところですね。

ラブビーワールドカップ自体も中止は避けたいと述べているので、中止になることはないと思われますが、もしかしたら時間の変更なども考えられますね。

まとめ

ラグビーワールドカップの日本対スコットランドの試合の当日は、台風19号の影響で試合が危ぶまれています。

連日のようにどうなるか報道されていますね。

中止になった場合の払い戻し方法は中止のお知らせがなされてから公式ページで発表されるそうです。

払い戻し方法には条件があるのでご注意ください。

日本戦が開催される時間帯は関東はすでに台風が去ったあとと言う予報ですが、超大型台風だけに、停電や浸水などの被害や暴風で色々なものが飛んで試合ができない状態なんてことも考えられます。

ベストな状態で試合をおこなえるのが一番ですが、自然災害だけは予測が難しいです。

台風がそれてくれるように祈るばかりです。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA