[ラグビーW杯2019]台風19号で横浜国際球技場の被害は?試合はできる?

10月12日(土)から日本を襲った台風19号が大きな爪痕を残しました。

まだ、日本の北側の地域では台風が猛威をふるっています。

東海地区や関東では台風は抜けたものの、大きい河川の氾濫で水害や土砂崩れの恐れがありまだまだ気が抜けない状態です。

しかし、今夜13日(日)に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で行われる日本×スコットランドの試合ができるのか気になるところです。

RWCスコットランドの協会最高責任者であるマーク・ドッドソン氏は、開催を強く要望しており、会場の変更や日程の変更も受け入れる姿勢を示しているそうです。

本日13日(日)19:45~キックオフの日本対スコットランド戦が予定されていますが、横浜国際総合競技場の状態や、予定どおり開催されるのか? また、開催されるとしたらどんな制限があるのか調査してみました。

スポンサードリンク

[ラグビーW杯2019]台風19号で横浜国際総合競技場の被害は?日本×スコットランドの試合はできる?

横浜国際総合競技場の現在の状態(13日8:00現在)

※↓追記(13日15:00)※

横浜国際総合競技場は遊水池によって守られ、ラグビーワールドカップ2019の試合は予定通り開催されることになりました。

一部施設の破損はあるものの、試合可能であると判断されました

しかし、公共の交通機関は現在もダイヤの遅れや運休している列車もあり、スタッフが不足するなど試合開始時間までに準備が整わない状態です。

観客サービスについては最低限の範囲で行い安全に観戦できることを重視し、試合運営が行われるそうです。

ですので、飲料の持ち込みについて、台風の影響で人員不足や物資の遅れなど場内の一部の売店が休業となります。

それに伴い、場内の飲料不足が予想されるため、横浜国際総合競技場で19:45から行われる日本×スコットランド戦の試合に限り、通常持ち込み禁止されている飲料の中のソフトドリンクに限り持ち込みができることとなりました。

アルコール類は持ち込みできません。

食品に関しては、持ち込みOKとなっているようです。

くわしいことはRWC2019の公式ページをご覧ください。

スポンサードリンク

横浜国際スタジアムが氾濫を免れたわけは?

横浜国際総合競技場の横には新横浜公園が隣接していて、公園は遊水池を兼ねています

新横浜公園は完全に浸水していましたが、それによって鶴見川と横浜国際総合競技場は守られました

新横浜公園とスタジアムの1Fが貯水池となるので1Fは使用できませんが、スタジアムは少し高い位置にあるので浸水を免れ機能に支障はないそうです。

RWC2019日本×スコットランド戦は開催されるのか?

ラグビーW杯2019の13日(日)19:00~に開催される横浜国際総合競技場の試合、
日本×スコットランド戦は予定通り開催されることが決定されました。

交通機関はまだ乱れており、台風の影響でスタッフの人員不足もありますので、入場まで通常よりもかなりの時間がかかると見込まれます

試合観戦に行かれる方はいつもより余裕をもっていかれた方が良いでしょう。

まとめ

ラグビーワールドカップの試合が中止になりがっかりしているファンはたくさんいます。

自然災害には抗えませんが、新横浜公園という治水計画のおかげで、暴れ川と恐れられていた鶴見川の氾濫をおさえ日本×スコットランド戦ができるようになりました。

台風の影響でいくつか制限はあるものの、決勝進出するためのかなり影響のある試合なので、開催になってよかったです。

思いっきりラグビーを応援したいですね。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA