[台風19号静岡]停電/高波や交通機関への影響は?強風による被害予想も!

今週末10月12日~13日に今年一番の大型で強い台風19号がやってくると連日メディアで報道されています。

かなりの巨大な台風で非常につよい勢力で地球史上最大級ともささやかれています。

米国内の気象専門家からは「存在しないカテゴリー6に相当する」と言われ、多くの建物の屋根が壊れ海岸線のちかくでは洪水が起こるといわれているカテゴリー5より大きいと予想されています。

今週末は3連休なので色々なイベントがありましたが、それも中止や延期になり、羽田・成田発着の国内線の約90%が欠航するといわれています。

日本ではラグビーワールドカップ2019も開催されていますが、ニュージーランドvsイタリア戦とイングランドvsフランス戦が中止になることが発表されました。

ラグビーワールドカップは9回目の開催ですがこのような事態は初めての事のようです。

そこまで台風の規模が大きいということがわかりますね。

はちべい家では12日にチビたちの運動会の予定でしたが延期になりました(涙)

前回、千葉を襲った台風は浸水被害や強風の被害でいまだ復旧作業中で、まだ補修作業が終わっていないブルーシートがかかっている家が沢山あります。

今回の台風19号は千葉を襲った15号や去年多くの被害をもたらした台風21号よりも大きいといわれています。

できるだけ被害が大きくならないように絶対に前もって備えておく必要があると思います。

12日には台風19号が静岡県に直撃すると言われているので、今回は台風19号の入り口と言われている静岡の台風19号による交通機関への影響や、停電や高波の可能性、強風による被害はどんなものなのか、事前に知っておくことで被害を抑えるための準備の役に立てると思い調査してみました。

スポンサードリンク

 

[2019年台風19号静岡]停電/高波や交通機関(東海道線・東海道新幹線・東名高速道路)への影響は?強風による被害予想も!

台風19号の進路や勢力はどのくらい?

今回の台風19号(ハギビス)の進路は12日(土)の夜には「大型で非情に強い」勢力で静岡や東京都心を含む関東地方へ上陸すると見込まれています。

【台風19号の情報(10月11日(金)12:00現在)】

  • 大きさ:大型
  • 中心気圧:925hpa
  • 強さ:非常に強い
  • 最大風速:50m/s
  • 方向・速さ:北北西 25km・h
  • 最大瞬間風速:70m/s

場所は父島西北西 約450㎞

日本全土を覆ってしまうほどの巨大な台風なので本州の広い範囲で暴風や大雨による影響を及ぼす可能性があります。

しかも、非常に遅い速度で進んでいるので長時間強い雨風が吹き荒れる見込みです。

気象庁によりますと、大型で非常に強い勢力の台風19号は小笠原近海の東海・関東の真南のあたりにいて、北へ進んできています。

小笠原諸島では、10日(木)の午前10時前には小笠原諸島の父島で、31.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。

11日から12日の降水量は東海・近畿で200mm~300mmを予測されています。

去年の大型台風21号の強さがわかる映像です。↓

去年、はちべい家の実家もこの台風の被害にあい、ベランダの屋根が吹き飛ばされました。

停電も2日半続いたようで、色々と困ったそうです。

今回の台風19号はそれよりも大きいといわれているので、かなりの注意と備えが必要です。

 

スポンサードリンク

停電や高波の被害は?

台風が直撃するとなったら停電はするものだと考え備えた方がよさそうですね。

ウェザーニュースのツイートには「台風19号による停電リスクマップ」が掲載されていました。

わが地域もがっつり入っているので懐中電灯や乾電池、モバイルバッテリーなど準備しています。

もしも、停電になったときに何も備えていなかったら困ってしまいますね。

千葉県で被害を及ばした台風15号の時も停電でかなり困った人が多かったと思われます。

停電なんて1日だろうと思っていたのにまさかこんなに長く電気が使えないなんてという事も起こりうると思われます。

停電すると明かりがなく困りますが、懐中電灯や携帯のモバイルバッテリーなどはかなり役に立つので今からでも用意したいところです。

静岡県の海沿いの地域は大雨による高波・高潮の被害の恐れがあります。

ハザードマップで自分がクラス地域のにどんなリスクがあるか調べておいた方がもしもの時に助かる可能性が高くなります。

静岡県のハザードマップはこちらから→

避難所の位置や経路、家族や近所の人などと声を掛け合って備えた方が良いでしょう。

交通機関への影響は?

JR東日本では計画運休することが決定されました。

【東海道方面の運転を取りやめる線区・区間】

10月12日の計画運休

東海道新幹線は12日、13日の運転を見合わせや電車の本数を減らす可能性があるという事を発表しました。

JR東海道線も、台風の影響で列車の遅れや運休が見込まれると発表しました。

詳しい列車の情報はこちらのページよりご確認ください。

JR東海HP

東名高速道路は10月11日(金)10:00に、台風19号によるの高波の影響で
富士IC~清水JACの下り線通行止めになっています。

解除のめどはまだ立っていません。

強風による被害予想も!

去年の大型台風21号ではちべい家の実家も強風の被害にあいました。

ベランダの屋根が飛んで行ってしまいました。

近所では、看板が飛んできたり、プレハブ小屋が吹っ飛んだりとかなりの強風で色々な被害があったそうです。

幸いなことに窓ガラスには何も飛んでこなかったので割れることがありませんでしたが、

運悪く窓ガラスに何かが飛んで来たら割れて大けがになっていたかもしれません。

もし、窓ガラスに何か物が飛んできて割れたとしても、あらかじめ養生テープで止めておけば硝子が散乱するのを防げるので準備はしておいた方がよさそうですね。

硝子が割れても準備をしておけば飛び散るなんてこともなく大けがも免れるかもしれません。

家の周りに細かいものをどかしてしまっておけば、窓ガラスに飛んでくるリスクも軽減されます。

備えあれば憂いなしです!!

台風19号に備えるために

大型で非常に勢力の強い大型台風19号が来る前にできる備えはやっておくと良いでしょう。

停電するかもしれないので、懐中電灯や替えの電池携帯のモバイルバッテリーなどが必要です。

専門家によりますと、備蓄は最低3日間、できれば1週間分程度の備えが必要だといわれています。

水は1人につき1日3L必要で、最低3日間用意しておくと安心です。

電気・ガス・水道などのライフラインなどが絶たれる可能性が考えられるので、携帯コンロやガスボンベがあると便利です。

お風呂の水はためておくと何かと使えます

すぐに食べられる食料品や、非常食になるカップラーメン缶詰めなどは用意しておくと安心です。

お皿やコップが洗えない場合があるので、紙皿紙コップ割りばし、を用意し、ラップもあるとお皿に巻いて使えるので便利です。

ここで記載した以外にも考えられる用意ができればもしもの時少しでも安心して暮らすことができます。

まとめ

大型で猛烈な勢いの台風19号ですが、12日(土)13日(日)に静岡県に最も近づくと予想されています。

去年25年ぶりに日本列島に上陸した大型台風21号の影響でかなり被害があったと思われますが、今回の19号はそれを上回る台風だといわれています。

あらゆる被害が考えられますので、備えておきたいところです。

すでにお店は非常食や水などの買いだめする人で売り切れになっているところもあるので、最低限の物資は用意しておきたいところです。

自然災害には逆らえませんが、予測はできると思うので困らないように備えておく必要があるでしょう!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA