水田伸生監督の結婚や息子を調査!代表作品やインタビュー内容が熱い!

「ナカイ窓」「獣になれない私たち」の演出をやっている水田伸生さんが出演されます。

水田伸生監督と言えばテレビドラマの「Mother」「Woman」が有名ですね。

こちらの2作品では大きな賞も受賞されていて素晴らしい経歴の持ち主です。

最近の作品では、「Dr.倫太郎」「ゆとりですがなにか」「先に生まれただけの僕」「anone」があります。

水田伸生監督のお名前、今回「ナカイの窓」に出演されるという事で初めて知ったのですが、水田伸生監督の作品ほぼ観ておりました。しかも好きです。

くま

どれもこれも、すっごく心に残ってるよ!

特に、「Woman」と、「Dr.倫太郎」は好きでかなりくぎ付けで観てました。

「Woman」は、自分が母親で同じくらいの子供を育てていたので共感できる部分が沢山あったし、満島ひかりさんの演技がかなりうまくて作品に引き込まれました。鈴木梨央ちゃんの演技もめちゃくちゃうまくて、何度泣かされたか。それに、二階堂ふみさんの存在がかなり印象的に残っています

「Dr.倫太郎」単に蒼井優さんがめちゃくちゃ好きで、っていうのもあったけど、やはり内容も面白くて、堺雅人さんが出演されているドラマは鉄板で面白いですね。精神科の話で暗いはずなのに、あまり重たくならず、だけど色々と考えさせられる内容でした

水田伸生監督の作品は、なんか考えさせられるドラマが多いですね。メッセージ性が強いです。

くま

めちゃくちゃ心に響きます。
スポンサードリンク

 

水田伸生(みずたのぶお)監督の結婚や息子、年齢などを調査!代表作品やインタビューが話題に!

水田伸生監督は結婚しているの?息子さんがいるってホント?

水田監督の結婚やお子さんに関する情報はどこを探しても見つかりませんでした

ネット上では公開されていませんが、「ナカイの窓」の番組内で発言ありましたら追記していきたいと思います。

しかし、もし奥さんがいたとすれば、毎日のように美しい女優さんを見ているし、接触する機会も多いので、きっと美人な奥さんがいてもおかしくないと勝手に想像してしまいますね。お子さんがいたとしても、水田監督の人間性と評判をうかがうと、素晴らしいセンスをもった息子さんがいらっしゃるのではとまたまた、妄想してしまします。

水田伸生監督の年齢はいくつ?

水田監督、結構若々しいですがもう60歳です。還暦とは思えない若さですね。

体も筋肉質でジムとかに通って鍛えていらっしゃるのでしょうか?でも、きっとお忙しいと思うので、なかなかそんな暇ないのでは?と思われますが、第一線を走っていらっしゃる方々は結構ない時間をうまく作って体鍛えている方多いですよね。

高校は広島市舟入高校の出身といわれていて、バレーボールをひたむきに頑張っていたそうです。スポーツマンだったんですね。

くま

どおりで良い体つきなんだね!
スポンサードリンク

今までの代表作品は?

代表作品は、冒頭でも述べたようにテレビドラマでは「Mother」「Woman」が有名ですね。

この二つはほんとに衝撃的な内容でした。

他にもテレビドラマは、「Dr.倫太郎」「ゆとりですがなにか」、「先に生まれただけの僕」や「anone」等々があります。

映画は「舞妓Haaaan!!!」「謝罪の王様」「あやしい彼女」があります。

どれもこれも話題になったものばかりです。

ドラマや映画を見逃した方や、もう一度見たい方は動画配信があります。

こちらから ↓ ↓ ↓

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、130,000本以上配信!
※見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本(2018年10月時点)
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

◆31日間無料トライアルの特典◆
見放題作品が31日間無料で視聴可能!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能。   

水田監督のインタビューが話題に!その気になる内容は?

水田監督は良くインタビューにこたえていらっしゃいますね。

検索するとたくさん出てきます。

「監督は映画でもドラマでも俳優が生きていますが、俳優に求めるものは?」という質問に

俳優にとって一番大事な能力は「読解力」だと思います。」と、答えていらっしゃいます。

作品全体の中でその俳優がどんな役割を果たしているか、またどのような役割を果たすべきなのかを理解することが俳優にとって一番重要だそうです。

子役はなかなか最初から読解力がある子なんていません。芦田茉奈ちゃんも例外ではないそうです。なので、お母さんがしっかりとシナリオを理解し子供に伝えなければいけないのです。お母さんは「家庭内の演出家」とまで言っています。

お母さんが間違った解釈をしてしまうと、子役の子も間違えたまま演技してしまうので、お母さんとよく打合せして指導するそうです。

芦田愛菜ちゃんの時は、自宅で練習するなといっても無理だと思い自宅の芦屋から近くのマンションまで引っ越してもらったそうです。

大人に対しては、現場での演出が「調理」だとすると、その前の仕込みの段階の「下ごしらえ」をいかに丹念にやるかが重要だと言っています。

とこんな風に、ただ現場だけの演出だけでなくその役にふさわしい役者を選び育てていく水田監督。素晴らしいですね。だから、あんなに心に残る作品ばかりなのですね。

本日の、「ナカイの窓」ではどんなお話が聞けるかとっても楽しみです。

まとめ

数々のヒット作品を作り上げてきた水田監督。

お子さんや奥さんの情報はわかりませんでしたが、素晴らしい人だという事がわかりました。

ナカイの窓での発言がとっても気になります。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA