家政婦mako(マコ)のレシピや料理本の評判は?本名や出身や子供も!

ヒルナンデスに出演されている家政婦mako(マコ)さんが話題になっていますね。

時短で節約料理を作る方法を紹介されていて、主婦のはちべいとしてはかなり勉強になります。

ラップと炊飯器、電子レンジなどを駆使し、3時間で30品を作られたのはお見事としか言いようがありません。

くま

1時間30品はスゴイ!!

はちべいは、インスタグラムで良く作り置き料理の写真をずらりと並べて移されている方がたくさんいて、それに憧れて作り置き料理を作ったこともありましたが、かなりの時間を費やし、同じようなものばかりになってしまい、一回で断念しました。

そんな、話題の家政婦マコさんですが、新しくレシピ本を出されたようです。


↑こちらは以前出版された本です。

そんな家政婦マコさんの新しいレシピ本や料理の評判。本名や出身、年齢や子供など色々と気になったので調べてみることにしました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

家政婦mako(マコ)のレシピや料理本の評判は?本名や出身や子供も!

家政婦mako(マコ)のプロフィール

名前:mako(本名は非公開のようです)

生年月日:非公開

年齢:非公開(自称20代ギャル家政婦)

職業:家政婦

会社:https://taskaji.jp/

資格:栄養士、フードコーディネーター

本名や年齢などほとんどが非公開で謎だらけです。

どうやら、結婚して子供もいるようですが、一般の方なのでなかなか個人情報をさらすことをしないのかもしれません。

今の世の中物騒ですしね。

新しいレシピ本の情報

以前出版された「魔法のポリ袋レシピ伝説の家政婦mako」はマコさんの代名詞と言っても過言ではない「ポリ袋」を使った調理方法のレシピ本です。

手や東リ器具を汚さず、時短かつ洗い物が少ない主婦には嬉しいレシピが満載です。

先月出版された最新の「準備はたった1分!家政婦makoのずぼら冷凍レシピ」がこちらです。

↓ ↓ ↓

ジップロックを駆使して、超速で料理をする技が詰まっています。

好評につき4刷重版されています!

料理本や家政婦マコの評判

評判は賛否両論のようで、本格派志向の方は家政婦の志摩さんを推奨される方が多いようです。

しかし、庶民派としては家政婦のマコさんの料理はお家にあるもので、いかに簡単に早く作れるかを毎日考えている主婦としてはありがたいものです。

ツイッター上でもいろいろな意見がつぶやかれています。

まとめ

今回、ヒルナンデスに何回か登場している家政婦のマコさんが気になったので調べてみたところ、名前も年齢も非公開でした。家政婦のmakoという呼び名で出演されているので、下の名前は読み方は「マコ」か「まこと」かと予測されます。

年齢は自称20代だそうです。

出版されている本は好評で重版も決定しています。

2月28日にも新刊がでるようで予約が殺到しているみたいです。

簡単に早くできる料理をお見せしてくれる家政婦のマコさんは庶民派の主婦にはありがたい存在です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA